家庭教師・個別指導塾・集団指導塾の授業を比較

※この記事は前回の「家庭教師・個別指導塾・集団指導塾の比較表」で掲載した授業に関する項目(No.3~6)の評価理由について解説したページです。 まだ読まれていない方は是非そちらからお先にどうぞ。

No3. 1対1で指導してもらえる

・家庭教師(◎)

家庭側が兄弟姉妹の同時指導などを希望しない限り、授業中は最初から最後までずっと完全に1対1で指導が受けられます。よって評価は(◎)です。

家庭教師の授業風景

念のために!
個別指導塾は個別指導とはいっても、授業中ずっと1対1で指導が受けられるわけではありません。講師がその時間に受け持っている各生徒を順番に回りながら指導していくシステムです。指導する瞬間は1対1(家庭教師と同じ)なので個別指導といえるわけです。

・個別指導塾(△)

個別指導塾の場合は指導を受けるその瞬間は1対1ですが、授業中ずっと1対1ということではありまん。授業中、講師は一人で複数の生徒を順番に指導していきます。家庭教師に比べると1対1で指導が受けられる時間が短いんですね。

単純計算で60分授業を1対2で指導してもらうと一人30分ずつ。1対3なら生徒一人わずか20分ずつ。1対4ならたったの15分ずつです。60分授業でたったの15分間しか指導が受けられないというのは、私的には通う意味はないかなと思いますね。それなら家で自習して、分からない所を学校の先生に空き時間にでも質問しますね。それならお金もかからず、学力も、成績も上がりますからね。正確な数字はわかりませんが、一般的に1対2~3という個別指導塾が多いのでよって評価は(△)です。

1対1の指導を長くやってもらいたいなら家庭教師か、個別指導塾なの中でも一人の講師に対して生徒が二人、つまり1対2のシステムの個別指導塾がおすすめです。

個別指導塾(1対1)

個別指導塾(1対2)

個別指導塾(1対3)

注意!
個別指導塾でも契約内容によっては授業中ずっと1対1で指導をしてもらうことも可能な塾もあります。その場合料金が高くなることが多いです。

・集団指導塾(×)

集団指導塾は講師が一人で複数の生徒(集団)に同時に指導するシステムなので、基本的に1対1での指導は受けられません。よって評価は(×)です。

集団指導塾自習室を設けて質問を受け付ける担当の講師をおいている塾もあり、そういった場合は1対1で指導が受けられますが、あくまでもこれは補助的な役割と捉えるべきです。

No4. 生徒のペースにあわせて授業を進めてくれる

・家庭教師(◎)

これは家庭教師の本来の目的です。家庭教師は完全に1対1で指導が受けられますから、その生徒のペースにあわせて授業を進めてくれます。得意な科目はペースを上げて、苦手な科目はペースを落として授業を進めることができます。質問したい時にはすぐに質問もでるので、個別指導塾のように“順番待ち”の状態は基本的に起こりません。よって評価は(◎)です。

※家庭教師に依頼しても兄弟・姉妹など同時に2人以上の指導を依頼した場合は“順番待ち”の状態が起こります。しかし料金は個別指導塾よりも安くなる場合もあるので、兄弟・姉妹など同時に家庭教師を付けるか個別指導塾に通わせることを検討されている方は、割引などがあるか料金面にも注目です!

・個別指導塾(△)

家庭教師に比べて個別指導塾の場合、講師はその生徒だけでなく他の生徒も指導しなければいけません。ということは生徒が指導を受けられる時間に制限があるわけです。いくら生徒自身が「先に進みたいけど、この問題は内容が理解できない」などと手が止まっても、すぐには対応してもらえません。

つまり、指導が受けたい時に受けられない“順番待ち”の状態、タイムラグ(時間のずれ )が発生し、自分の思い通りのペースでは授業を進めることがなかなか難しいんです。その代わり家庭教師に比べて料金が安いというわけです。よって評価は(△)です。

kobetu-02

・集団指導塾(×)

集団指導塾は講師が一人で複数の生徒(集団)に同時に指導するスタイルなので、基本的に生徒一人ひとりのペースに合わせることはできません。そのクラスの平均のペースで授業を進めていきます。よって評価は(×)です。しかしその分、三者の中で最も料金が安いんですね。

No5. 授業中にフィードバックできる

・家庭教師(◎)

できます。そのための家庭教師です。家庭教師は常にその生徒がどこでつまずき、何がわからないのかということを注意深く観察しています。前に進むだけでなく、授業が進んでいく中でもし生徒が基礎の部分をまだ理解できていないとわかれば、基礎に戻って指導ます。よって評価は(◎)です。

・個別指導塾(○)

個別指導塾は指導時間が制限されているため、家庭教師ほど丁寧にフィードバック(前に戻って)して指導することはできませんが、フィードバックすること自体は可能です。ただし個別指導塾の講師は同じ時間帯に複数の生徒を指導するので、どうしても丁寧さに欠ける事があります。家庭教師の方がその点は有利です。よって個別指導塾の評価は(○)です。

・集団指導塾(×)

できません。クラス全体が前の部分を理解していない場合はフィードバック(前に戻って)して授業をしてくれる塾もありますが、基本的に期待しない方がいいです。以前習った項目でわからない部分が出てきたら、集団指導塾の場合は空き時間などに講師に質問するか、自習で解決するしかありません。よって評価は(×)です。

No6. 先生が選べる

・家庭教師(◎)

もちろん選べます。また個別指導塾よりも選べる先生の幅は広いです。家庭教師の場合は、業者に登録していて、なおかつ生徒宅に通える範囲であれば家庭教師を紹介してくれます。つまりその地域内に在住している家庭教師の中から選べるということです。

個別指導塾の場合は基本的にその塾に在籍している講師の中からではなく、自分が通うの教室(例えば新宿校・渋谷駅前校など)に在籍している講師の中からしか講師を選ぶことはできません。選べる人数の幅的には家庭教師よりは圧倒的に少ないです。よって家庭教師が三者の中で最も多くの先生の中から自分に合った先生を選べるので評価は(◎)です。

・個別指導塾(○)

個別指導塾でも講師を選ぶことは可能です。しかし、個別指導塾の場合は基本的にその塾に在籍している講師の中からではなく、自分が通うの教室(例えば新宿校・渋谷駅前校など)に在籍している講師の中からしか講師を選ぶことはできません。よって家庭教師よりは選べる講師の幅が狭いので評価は(○)です。

・集団指導塾(×)

これはもう皆さんご存知の通りできませんよね。塾側が用意した講師の授業を生徒側が選ぶ、これが集団指導塾のシステムです。よって評価は(×)です。

この記事はいかがでしたか?

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です