家庭教師を個人契約(直接契約)で探す方法

※本題に入る前に個人契約で失敗したご家庭をたくさん見てきた者として、まずは警鐘を鳴らしておきたいと思います。

はじめに断わっておくと私は家庭教師の個人契約(直接契約)はお勧めしていません。

理由は、家庭教師の個人契約(直接契約)にはそれなりのリスクやデメリットがあるからです。私はこれまで個人契約で失敗したご家庭を何度も見てきましたが、個人契約はバクチのようなものです。安いなりのリスクとデメリットが必ずあります。

特に受験生や様々な情報提供を希望する生徒にはお勧めしていません。個人でやっている家庭教師の場合、料金が安い代わりに家庭教師を探すまでの時間と労力が結構かかります。また家庭教師を変更したくてもできない、トラブルが起き易く起きても誰も助けてくれないなど様々なリスクやデメリットがあります。

派遣業者も同じことは言えますが、派遣業者は家庭教師の紹介だけでなく、トラブルの対応はもちろん、勉強のサポートや受験対策など契約を解除するまで責任を持って対応してくれます。この違いは勉強の成果にも大きく影響してきます。

また個人契約は安いですが、個人間の契約なのでトラブルが非常に多いことは業界では有名な話です。個人契約の斡旋業者は紹介するまでが仕事なので、その後のトラブルに関しては何もしてくれません。

派遣業者の中には東大早稲田慶応といった高学歴の家庭教師を業界トップクラスの安さで紹介し、さらに専門スタッフ(※アルバイトではなく社員)による充実したサポート受験対策(教材の無料提供や模試の実施、受験合否判定や偏差値測定)までしてくれる人気の家庭教師業者もあります。例えばノーバス(関東)ネッティー(全国)がその良い例です。

個人契約では質の高い家庭教師が見つかる確率はかなり低い上に、このような充実したサポートや受験対策などのは一切やってくれません。

個人契約で失敗したご家庭を何度も見てきた元家庭教師の立場からのアドバイスとしては、安い料金で大きなリスクをとるか、それとも少し料金をプラスして質の高い家庭教師と専門スタッフによる細かなサポートや受験対策を受けるか、十分に比較・検討してから契約することを断然おすすめします。

元家庭教師の私が派遣業者を細かく調査した結果はこちら

インターネット家庭教師Nettyの評価
(利用者が10万人突破!東大・早稲田・慶応の家庭教師が安く雇える!?)

家庭教師派遣業者ノーバスの評価
(全国でもトップクラスの安い料金と充実サポートが人気!降格暦家庭教師も多数在籍!)

こちら(家庭教師の二つの契約方法を詳しく解説!)で私が個人契約をしてきた経験を通して感じた個人契約(直接契約)のリスクやデメリットについて書いています。個人契約で家庭教師を探す前に知っておいた方がいい重要事項が書かれています。

さて、警鐘が長くなりしたがそれでは以上をふまえた上で本題に入っていきたいと思います。

個人契約の家庭教師を探す4つの方法

個人契約の家庭教師を探す方法は主に次の4つがあります

  1. 知人に紹介してもらう
  2. 個人で活動している家庭教師に直接問い合わせる
  3. 個人契約を斡旋している業者から家庭教師を紹介してもらう
  4. インターネット掲示板を利用する

この4つの方法をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

1.知人に紹介してもらう

こちらはありま解説はいりませんね。この方法は文字通り友人や知人、もしくはそのまた友人や知人で家庭教師をしている人、家庭教師をしてもいいと思っている人を探す方法です。子供が通っている学校や塾で、個人契約で良い家庭教師を付けているお友達はいないか探して紹介してもらうのも良いかもしれません。もしお友達が個人契約ではなく派遣された家庭教師を付けている場合は、その家庭教師が所属する派遣業者やそのお友達のご家庭とトラブルになる恐れがあるので気をつけましょう。

トラブルの例:
お友達のAちゃんは派遣業者から家庭教師を派遣してもらっているので1時間4,500円。これに対して、紹介してもらった自分は個人契約を交わしたので1時間3,000円となった。

この場合はまず派遣業者とAちゃん宅で交わした契約内容(当社を通さず他人に家庭教師を紹介してはならない等)に違反している恐れがあります。次にAちゃん宅からすれば親切で紹介してあげたのにAちゃん宅よりも料金が安い契約内容なのでAちゃん宅は良い気持ちはしないという点です。

Aちゃん宅には内緒にしておけばばれないかもしれませんが、共通の家庭教師ということで話題にあがって色々き質問されるかもしれません。何か嘘をついたり隠し事をしていると、それは良い行いとはいえませんよね。またAちゃん宅が派遣業者と連絡を取った際にふと自分の話が出たら「え?そんな子とは契約してませんよ?」とばれてしまうかもしれません。お金よりもお友達を大事にすることの方が教育的にも良いと思います。

2.個人で活動している家庭教師に直接問い合わせる

家庭教師にはどの業者にも登録せずに個人で活動している家庭教師が存在します。人気と実力があればどこかに所属・登録しなくとも生徒は集まってきます。探す方法としてはインターネットで「家庭教師 個人 岡崎」のように「家庭教師 個人」というキーワードに加えて、お住まいの地域名(例では愛知県の「岡崎」を記載)、あるいはお住まいの地域に近い地域の名前を入れて検索してみて下さい。

この方法は家庭教師が見つかったとしても1~2人です。見つからない地域も多々あります。メリットとしてはまず紹介料が発生しないこと、次に指導方針や料金、経歴や実績、勉強のテクニック、指導中の出来事など様々な情報を公開している場合が多いです。デメリットとしてはまず見つかる可能性が低いのと、見つかっても1~2人です。よって他の家庭教師と比較することがあまりできません。

3.個人契約を斡旋している業者から家庭教師を紹介してもらう

個人契約を斡旋している業者から家庭教師を紹介してもらう方法とは、その業者に登録している家庭教師から希望に合った家庭教師を業者側に何人かピックアップしてもらい決定するとうものです。自分でピックアップすることもできる業者もあります。料金や支払いの条件、家庭教師の変更が無料でできるかなど詳細については各社で異なるので確認が必要です。

個人契約を斡旋している家庭教師仲介業者


4.インターネット掲示板を利用する

インターネット掲示板を利用する方法とは、ネット上に家庭教師をしたい人と家庭教師を雇いたい人がそれぞれ料金や時間、科目、目標、交通費など様々な情報を載せているサイト(掲示板)があり、それを利用する方法です。有料、無料どちらもあります。またお金がかからないから無料のサイト(掲示板)が良いかというとそうとも限りません。有料には有料なりのメリットがあります。例えば個人情報の管理をきちんとしてくれるとか。

家庭教師と個人契約が結べるサイト(掲示板)


mixiのコミュニティでも家庭教師を探したり募集したりすることが可能です。

最後に。

冒頭でもお伝えしましたが、私はこれまでの経験上、家庭教師の個人契約(直接契約)はお勧めしていません。家庭教師との個人契約には安い代わりに、それなりのリスクやデメリットがあるからです。

特に受験前の生徒や様々な情報提供を望んでいる生徒にはお勧めできません。個人契約の家庭教師は料金は安いのですが、その代わり家庭教師を探すまで時間と労力が想像以上にかかります。また家庭教師の変更もできない場合が多いです。

そしてトラブルも起き易く、もしトラブルが起きてたとしても業者を介していないため誰も助けてくれません。このように個人契約には安い代わりに様々なリスクやデメリットがあるのです。これらのリスクやデメリットは親だけでなく、子供にも悪影響を及ぼします。

これらのリスクやデメリットについて詳しく知りたい方は、こちら(家庭教師の二つの契約方法を詳しく解説!)で私が個人契約をしてきた経験を通して感じた個人契約(直接契約)のリスクやデメリットについて書いているので参考にして下さい。

もし既に個人契約で家庭教師を探すと決めていたとしても、その前に知っておいた方が良い内容だと思います。

この記事はいかがでしたか?

12345 (8 投票, 平均点: 3.00)
Loading...

2 thoughts on “家庭教師を個人契約(直接契約)で探す方法

  1. そのとおり!
    2013年6月28日 at 8:46 PM

    DIYを利用してみましたが、人におすすめ出来るものではありませんでした。

    対応は「家庭教師を探している弱みに付け込んでいる」感じでした。

    また家庭教師のアルファも強引な営業で高額な契約書に妻がサインをさせられましたのでクーリングオフしました。

    家庭教師探しの道は険しいです。

    1. 管理人
      2013年6月30日 at 11:57 AM

      そのとおり!さん、率直なご感想、有難うございます。

      >「家庭教師を探している弱みに付け込んでいる」

      そうですね。どの業者に限らず、確かにこういった思考が家庭教師業界全体に蔓延していると思います。

      強引な営業や半ば強制的にサインさせられたという話もよく聞きます。

      アルファではありませんが、実際、私も中学生の頃に似たような経験があります。

      私の場合は受験目前でかなり切羽詰った状況だったのでクーリングオフはせずに継続しましたが、結局届いた教材は既に誰かが使用した物(おそらくクーリングオフで戻ってきた教材?)が届きました。

      親はトータルで100万以上を支払ったそうです。

      利用する側と教える側の両方を経験した私からすると、やはり家庭教師は派遣業者を通した方が安定した指導が受けられると思います。

      安定した指導とはつまり勉強だけに専念できる、集中できるということです。

      個人だろうが、派遣だろうが、良い家庭教師もいれば悪い家庭教師もいます。しかし個人の場合は探す過程にかなりの時間と手間がかかります。

      もし見つけられたとしても、授業を重ねるうちに「あれ?やっぱりこの先生は合わないや・・・」なんてことはよくある話です。

      家庭教師側の都合で辞めたいと言ってくる場合もあります。
      (特に学生家庭教師はこれが多い)

      後々、教えられない教科も出てくるかもしれません。そうなれば、個人契約の場合はまた始めから探さなければいけません。

      しかし次の家庭教師でもまた同じような事が起きないとも限りません。ですから個人契約はバクチのような面があるかもしれませんね。言った言わないの契約問題も起こりやすいです。

      そういった面倒な作業やトラブルに大切な時間を費やすよりも、家庭教師の管理を専門のお仕事としている人たち(=派遣業者)に任せた方が効率的だと私は思います。

      お金を払っている分、家庭教師の変更は無料ですし、教科毎に専門の家庭教師を派遣してもらうことだって可能です。もちろんその分の手間賃なんてかかりません。法人なので契約の面でも個人よりきちんとしています。

      また質の高い家庭教師も個人契約の掲示板や仲介業者よりは揃っていると思います。家庭教師側からしても派遣業者に登録した方が仕事が得やすいですからね。

      それに今はインターネット家庭教師というものも登場しています。

      お住まいの地域に良い派遣業者がなくとも、インターネット家庭教師業者を利用すれば、自分で探すよりも素早くかつ、より良い家庭教師が見つかるかもしれません。しかもネットなので料金も割安です。

      何にせよ、費用を抑えたいという理由だけで個人で探そうとすると結局、お金の面でも時間の面でも損をしているご家庭が多い気がします。何よりお子さんの成果の面で悪い影響を与えるやもしれません。

      個人と派遣の両方の家庭教師を経験した私としては、ご家庭側はあくまでも家庭教師に関しては素人だと思うので、派遣業者(教材購入が必須でない)に依頼した方がトータル的に見て良いと思います。

      そのとおり!さんご家族が良い家庭教師や派遣業者に出会えることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です