受験まで時間がないなら家庭教師がベスト!

このページは「YES・NOチャート診断!あなたは家庭教師タイプ?個別指導塾タイプ?」の解説ページです。まだ家庭教師タイプなのか個別指導塾タイプなのか診断していない方はまず診断からどうぞ!

受験に合格したいなら家庭教師しかない!

受験までもう時間がないあなたには家庭教師がベスト!

今すぐ受験専門か受験に強い家庭教師業者へ行くべし!お金で時間は買えませんし、個別指導塾との費用の差は大した額ではありません。合格の確実性を犠牲にしてまで節約する額ではありません。

というより、現在の目標が受験で、しかも受験までの時間がないなら授業時間を全てあなたのために用意できる家庭教師を選ぶ以外選択肢はありません。

早急に数社の資料請求し、ここだ!と思った業者へ出向き、実際に指導している家庭教師や受験アドバイザーと相談し、合格に向けたオリジナルのカリキュラムを組むことが急務です!

【受験に強い家庭教師はこちら】

中学受験に強い家庭教師
中学受験家庭教師ドクター

高校受験に強い家庭教師
家庭教師のノーバス
家庭教師のだるま

大学受験に強い家庭教師
家庭教師のノーバス
私立大学受験専門・家庭教師メガスタディ

家庭教師がベストな理由その一

【瞬時に対応できるのは家庭教師だけ】

受験が目標で、なおかつ受験までの時間がないなら完全に家庭教師です。個別指導塾を選ぶのはリスクが大きいです。中には受験専門で上手く対応している個別指導塾もありますが、探すのに時間も労力もかかるのでおすすめしません。

時間がないということは質問したい時、説明を聞きたい時に瞬時に対応してくれることが最も重要です。それが合格できるかどうかのカギと言っても過言ではありません。それができるのは家庭教師のみです。

個別指導塾の場合は1人の講師でよくて2~3人、多いと10人以上を同じ時間帯に指導しているケースもあるので瞬時に対応してくれることは非常に困難です。また受験まで時間がないのは他の受験生も同じなので、講師の取り合いになって満足な指導が受けられない日もあるかもしれません。

その点、家庭教師であれば、授業中は完全にその時間を拘束できるので、ふと疑問に思った瞬間、何度やっても間違う瞬間、文章の意味がわからない瞬間、その瞬間瞬間に対応してくれます。

家庭教師がベストな理由その二

【心の支えが点数を上げる!】

受験のことで家族や生徒一人だけで悩むよりも、その生徒だけの先生(家庭教師)をつけることで安心感や心強さを感じることができます。心の支えになってくれるということは、単純に心の問題を解決してくれるということだけではありません。

心がある程度安定すれば、学習意欲もわきますし集中力も倍増します。脳もさえてきます。脳がさえればその分入ってくる情報も増えます。これが点数につながり大きな自信となって、この自信がさらに脳を活性化させ、もっと点数を伸ばそうとします。

このように精神状態の安定は受験勉強に大きなメリットをもたらしてくれるのです。

どんな学校にも“この子は絶対に合格するな!”という受験生が1人や2人は必ずいると思います。そういう生徒は精神の安定と脳のサイクルが上手くいっているから余裕が出てくるんですよね。その余裕は周囲にも“この子は絶対に合格するな!”と感じさせるんですね。

現時点で時間がないあなたは既に焦りがあると思います。精神的にも良い状況とは言えません。

おそらく受験勉強も手につかない瞬間があるのでは?

頻繁に不安感が襲ってきませんか?

こんな状況で個別指導塾に通っても講師が常にそばにいるわけでもないので、いざという時に質問ができない、解説が聞きたいけど今は別の子を指導してる・・・こんなことが繰り返されるとストレスになって、受験勉強に集中できません。

時間があるなら別ですが、今あなたには時間がありません。

しばらくすると「自分はやっぱり家庭教師の方がいいかも!」、そう考え直す生徒があまりにも多いです。こうなると始めから家庭教師を選んだ場合よりも費用がかかってしまいますし、何より貴重な時間まで失います。

受験まで時間がないなら私は家庭教師がベストだと思います。

【受験に強い家庭教師はこちら】

中学受験に強い家庭教師
中学受験家庭教師ドクター

高校受験に強い家庭教師
家庭教師のノーバス
家庭教師のだるま

大学受験に強い家庭教師
家庭教師のノーバス
私立大学受験専門・家庭教師メガスタディ

家庭教師の費用が心配な方へ

費用を心配されるかもしれませんが、受験まで時間がないということは短期間ということですから、長期的に家庭教師を雇うわけではないので実質的な費用は抑えられます。

また、この記事を読んでいるということは真剣度が高いので、家庭教師を上手く使える可能性が高いです。家庭教師を上手く使えばより大きな成果がより早く得られるだけでなく、実質的な費用も個別指導塾より安くなるケースが多々あります。

この“家庭教師を上手く使う”方法とは、簡単にいうと宿題や自習で分からない箇所をピックアップしておいて、家庭教師の先生が来る時間に一気に解説をしてもらうということです。

「なんだそれだけか」と思ったらそれは大きな間違いです。

単純なことだと多くの人が軽視しその明確なノウハウを知ろうともせず、結局成果を出せていないし、大切なお金もドブに捨てている人たちがほとんどです。

知ってるつもりでやってない、知ってるつもりで実は明確なノウハウを知らない、そんな人が圧倒的多数です。
(※家庭教師を上手く使う方法はこちらで解説します。)

授業の回数や時間にもよりますが、同じ時間指導を受ければ、個別指導塾も家庭教師も費用に差があるとはいえ、数ヶ月で70、80万、とかうん百万という差ではありません。せいぜい数万円から十数万円くらいの差でしょう。家計が破産するという額でもないと思います。

その分、得られるものも大きいので合格にもより近づけます。

家庭教師を上手く使って是非合格を勝ち取って下さい。

この記事はいかがでしたか?

12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です