家庭教師、個別指導塾、集団指導塾の比較と適性診断

家庭教師と個別指導塾で迷った時の解決法

1:1の授業スタイルなどできるだけ先生と指導してもらう時間を多く取りたい方は、家庭教師か個別指導塾で迷っている人も多いと思います。

そんな時は現実的な話ですが、まずは費用がどれだけ払えるか(予算)、そして生徒の勉強習慣の有無、この2点が判断のヒントになります。

以下の記事で詳しく解説します。どちらが自分に合っているかもっと細かく見たい方は次の項目のYesNo適性診断を御覧ください。

(※もし集団指導塾も候補に入っている方は下の方にある集団指導塾との比較記事を参考にしてみて下さい。)

家庭教師、個別指導塾で迷っている方の適性診断

ここでは家庭教師か個別指導塾かの適性診断とその細かな解説をしていきます。

まずはYesNoだけであなたに合ったのはどれか適性診断を行っていきましょう。

適性診断に答えていくと診断結果とその理由を細かく解説した記事の案内が表示されます。

適性診断の細かな解説

受験や何かの目標まで時間が無い生徒には家庭教師がおすすめです。

個別指導塾だと質問したい時に質問できるとは限りません。また先生も常に同じ先生とは限りません。もし1:1で先生も受験までずっと固定なら問題ありませんが、そうなると家庭教師より費用が高くなるかもしれません。

また家庭教師なら自宅に来てくれるのでその間に予習復習、食事、お風呂、休憩などに時間が使えます。

また、インターネット家庭教師なら交通費もかかりませんし、地方に住んでいても都会のプロ家庭教師や東大や慶応、早稲田、京大などの難関大学の家庭教師も選べます。

受験や目標までは時間もあり焦ってはいないけど、成果を重視する生徒も家庭教師がおすすめです。

成果を出すには指導技術だけでなく、精神的な支えが大きく影響してきます。

家庭教師なら自分専属の先生なので生徒にとっては心の拠り所となり、精神的な安定をもたらしてくれやすいです。(※相性がある家庭教師を選んだ場合の話)

目標はあるけど達成の期限が決まっていおらず成果重視なら家庭教師がおすすめです。

期限が決まっていないのであれば、家庭教師とじっくり計画を立てながら進めていくと個別指導塾よりも成果が出やすいです。

日頃から勉強習慣がない生徒にも家庭教師をおすすめします。

率直に言えば、勉強習慣がない生徒は個別指導塾に通っても先生が他の生徒を指導している間にサボる可能性があります。

サボらなくても、何をどうしたらよいか自分で考える習慣が身についていないので、混乱したら先生の手が空くまでボーッとする可能性も少なくないでしょう。

家庭教師ならつきっきりで指導するので、生徒に質問したり生徒の表情や鉛筆の動きを見て今何を考えているか、何につまづいていそうかなど心理状況を常に把握してくれます。

目標や受験まで時間があるけど、現実問題として費用もそこまで出せない場合は個別指導塾がおすすめです。

やはり同じ先生が付きっきりで指導してくる家庭教師の方が成果は出やすいですが、費用の問題も無視できないご家庭は多いです。

そういったご家庭には時間が武器となってくれます。

マイペースでかつ費用も抑えたいなら個別指導塾をおすすめします。

実際、家庭教師のようにそばで先生に付きっきりで指導されるのが苦手な生徒はいます。そういった生徒には個別指導塾で複数の生徒に混じって自分のペースで質問しながら進めていくのがおすすめです。

家庭教師、個別指導塾、集団指導塾の比較

家庭教師や個別指導塾だけでなく、集団指導塾も含めてどれが自分に合っているか迷っている人もいると思います。

そんな人達のために家庭教師、個別指導塾、集団指導塾の違いをまずは全体的に比較表で見ていきましょう。

その後に各項目の細かな解説を見ていきましょう。

比較表の細かな解説

家庭教師、個別指導塾、集団指導塾のお金に関する比較です。

料金や高額教材の販売についてそれぞれ比較します。

続いて授業の全般的な事や先生にいて比較していきます。

宿題やカリキュラムといった授業以外のサポート面も大切です。家庭教師、個別指導塾、集団指導塾はそれぞれどのような体制になっているのか比較します。

あまり注目されませんが、授業の延長や日時の急な変更への対応を比較します。

学校の事情や体調不良、授業の進み具合などで授業時間や日程の変更への対応が必要な事は頻繁にあります。

家庭教師、個別指導塾、集団指導塾がどう対応できるのかそれぞれ見ていきましょう。

講師の定着率(離職率)も大切です。個別指導塾や集団指導塾の中には日常的に教材研究や雑務を無給でさせているところもあるので注意が必要です。

最終的に生徒にしわ寄せが来るので、そういった塾は絶対におすすめしません。

プロ講師と学生講師の割合も比較してみました。

成果に大きく影響するメンタル部分のサポートも比較しました。生徒にとって先生は頼れる存在であればあるほど、成果も出やすいです。

また親御さんの立場からしても安心して子供を預けられるといったメリットもあります。

私の経験上、メンタルサポートは非常に重要だと考えています。

数は少ないかもしれませんが、登校拒否の生徒の対応も比較しました。いじめ、体調不良など何らかの事情で投稿できていない子どもたちは結構います。

私の生徒にも実際にいました。

そんな子どもたちでも、学ぶことで明るい未来を手に入れる助けになります。

諦めるのはまだ早いです!

教室は授業以外でも自習で使ったりします。特に家庭教師は自宅以外で指導してほしいという要望も一定数あります。また休日の利用状況もどうなのかも気になりますよね。

成果にも影響してくるライバルとの競争や受験情報、対策問題や進路情報の豊富さを比較しました。

タイトルとURLをコピーしました