家庭教師の選び方から賢い使い方大全

家庭教師の基礎知識

家庭教師を契約する前に知っておきたい基礎知識を解説した記事を紹介します。

まずは契約方法についてです。家庭教師を雇うには派遣業者を通す方法と、家庭教師と個人契約を交わす方法があります。

それらのメリットとデメリット、トラブルについて細かく解説しています。

最近、急速に普及しているのがインターネット家庭教師です。

これまではほとんど都会の子どもたちしか難関大の先生や本物のプロ家庭教師の指導が受けられませんでしたが、インターネット家庭教師ならオンラインで授業が受けられるため住んでいる地域は全く関係ありません。

地方の中のさらに田舎にいても、東大生や京大といった高学歴の家庭教師に指導してもらえます。

家庭教師の料金相場

家庭教師の料金相場を小中高、中学受験、医学部・歯学部・薬学部の受験に分けて算出しています。

160社以上の派遣業者を調べて地道に算出しているのである程度参考になると思います。

家庭教師の料金相場を新しく調査し算出しました。

小学生、中学生、高校生をそれぞれの「学生・社会人家庭教師」と「プロ家庭教師」の2種類で算出し表にまとめています。

派遣センター

個人契約

中学受験

中学受験は専門性が高いため単独で算出しました。

東大生家庭教師

医学部・歯学部・薬学部受験者向け

医学部・歯学部・薬学部の受験者向けの料金相場です。

家庭教師派遣業者の選び方

家庭教師の派遣業者はどんな業者を選べばいいかはじめは分からないと思うので、元家庭教師の立場からどんな業者が良いのか選び方を解説しています。

家庭教師派遣業者の紹介

こちらの記事は家庭教師派遣業者の紹介です。

一般的な家庭教師派遣業者

ノーバスは関東を中心に活動する派遣業者です。料金も安く、高額教材の販売もありません。サポート体制も充実しており、総合的には一番オススメな家庭教師派遣業者です。

ネッティーは上のノーバスが運営するインターネット家庭教師です。オンライン授業なので東大、早稲田、慶応といった講師の授業が全国どこに住んでいても受けられます。

オンラインなので料金も安く、派遣型家庭教師に必須な交通費の支払いもないので料金面でもお得です。

イーライブも東大・京大・全国の医学部生の家庭教師が豊富です。また家庭教師の質も高く維持するために独自の方法で採用しています。

オンライン授業も高いセキュリティと安定したパフォーマンスで行えますし、料金も適正価格です。

難解大学受験専門の家庭教師派遣業者

家庭教師のメガスタディは慶応、早稲田、上智、MARCHといったいわゆる難関私大の受験専門のプロ家庭教師派遣業者です。

特に合格圏外からの逆転合格を得意としています。

中学受験専門の家庭教師派遣業者

中学受験なら家庭教師ドクターがとてもおすすめです。

開成、桜蔭、麻布、駒場東邦といった超難関中学の受験を得意としており、毎年合格者を多数出しています。

公式HPでは無料で偏差値アップの勉強法も公開しており、見るだけでもお得です。

プロ家庭教師について

プロ家庭教師に依頼したいと思う方は多いと思います。

ただしプロ家庭教師というのは名ばかりな事が多いです。きちんとプロに依頼できるように、裏事情も知っておいた方がいいと思います。

悪質な派遣業者は何も知らないご家庭の足元を見て料金をぼったくります。損しないためにもそういった業者は選ばないようにしましょう!

家庭教師を個人契約で探す

家庭教師は安いわけではないので個人契約をしたいという方は多いです。

ただし元家庭教師の立場からすると、トラブルが多いので気持ちよくおすすめはできません。

どうしても個人契約したいという方のために家庭教師の探し方を解説しています。

家庭教師の個人契約はまず家庭教師を探すのに苦労したり、先生と相性が合わなくてもすぐには変更できないなどのデメリットが多いので、それらを解説しています。

間違った方法で個人契約すると違約金や人間関係のトラブルに巻き込まれる可能性が出てきます。

どんなトラブルが起こり得るか例を上げて解説しています。

約3,000人の個人契約の家庭教師を調査し料金相場を算出しました。

個人契約の家庭教師の料金相場(3,000人調査結果)
全国3,000人以上の個人契約の家庭教師を調査し、料金相場を算出しました。全国平均に加え、北海道から沖縄まで全国各地域を細かく算出しています(データ不足の地域は合算)。あなたの地元の料金相場も調べられます。また個人契約の料金相場だけでなく、派遣業者(家庭教師センター)の料金相場との比較もしています。

賢い家庭教師の使い方

家庭教師は安い料金で雇えるものではありません。

せっかく大切なお金を費やすわけですから、費用対効果を上げたいと思いませんか?

私が実際に指導していた家庭教師という仕組みを最大限引き出す賢い家庭教師の使い方を紹介します。

タイトルとURLをコピーしました