家庭教師派遣業者の賢い選び方

良い家庭教師派遣業者の最低4条件

皆さんもご存知の通り、家庭教師派遣業者には悪徳業者が存在します。一般社会からは少し隔離された業界なので健全性が欠けています。

しかしそんな中にもきちんとした派遣業者はあります。今回はその見分けるポイント(条件)について解説します。

良い家庭教師派遣業者の最低条件は次4つです。

  • 料金が明瞭会計
  • 頻繁に社名変更していないこと
  • 高額な教材販売をしていないこと
  • 家庭教師への待遇が悪くないこと
    (特に時給は2000円以上かつ報酬支払いの遅延や未払いがないこと)

料金が明瞭会計

一部の人を除き、家庭教師は短期的に利用するものではありません。継続してはじめて成果が得られます。

そして家庭教師は安い買い物でもありません。家計ではまかなえないほどの金額だった場合、継続が難しくなるので、長いスパンで支払える金額の派遣業者を選ぶことが重要です。

そのためには事前に料金を把握する必要があります。明瞭会計な料金システムであれば契約する前にきちんと費用が計算でき、長いスパンでの授業計画も立てられるので安心です。

その明瞭会計な料金とは、
「派遣業者の利益+家庭教師の報酬+交通費=家庭が支払う料金」です。
(※インターネット家庭教師の場合は交通費は不要)

つまり後から追加で○○料とか××料とか言って請求してこないということです。

交通費が不要で家に来る家庭教師よりも安く契約できるインターネット家庭教師(オンライン家庭教師)

また個人的には安さだけに注目するのは危険だと考えています。

きちんと家庭教師派遣の報酬として利益を確保する会社がきちんとした運営・サポートをしてくれる傾向が強いと経験上思います。

頻繁に社名変更していないこと

悪徳業者は世間から評判が悪くなるたびに社名を変更しています

しかし経営母体は同じなので手法も同じです。例えば高額な教材をローンで購入させるといった手法です。

社名変更していないかを調べる方法は、ネットで「派遣業者名 社名変更」で検索してみて下さい。

通常の合併やブランドイメージの刷新で社名を変更することはどの業界でもあることなので、くれぐれも一度でも変更があればダメだなんて勘違いはしてはいけません。

短期間に何度も変えている場合が怪しいということです。

高額な教材販売をしていないこと

教材販売には二つあります。

一つは、数十万以上の高額な教材をローンを組ませるなどして一度に購入させる販売方法です。

もう一つは教材費という名目で分割で支払わせる方法です。

どちらにせよ私がこれまで見てきたこういう類の教材はその値段ほどの価値はありません。

教材は市販の2,000円の物でも十分結果は出せる!

私は何度も高額教材をみてきましたが、書店で売られている千円、二千円の教材と何もかわりません。

私は教材研究の末、安くて高品質の教材をいくつか組み合わせて指導するのですが、それでも難関受験など特殊な対策でもない限り、1学年1教科当たり2,000円もあれば十分です。

3,000円あれば難易度の高い応用問題集も買えるので、かなり充実した勉強ができます。

5教科で計算しても10,000~15,000円です。これは小中学生までの話ですが、高校生でも1教科当たり3,000~4,000円あれば良いものが手に入るでしょう。

1,000円教材でテスト20点→80点(三ヶ月)の中三女子の例※その後見事、高校受験合格!

私の例で言えば、毎回英語のテストで(100点中)20点も取れない中三の女の子にこれらの教材だけで指導し、たった三ヶ月で80点以上取れるようになりました。

この子の場合は難しい問題は必要なかったので1,000円程度の教材を1冊だけ購入してもらい、ただそれを使って指導しただけです。

その後、この子は学校からも「高校には行けない」と言われていたにも関わらず、見事希望していた高校に受かりました。

このように市販の安い教材でも十分に成果は出ます。

高額教材を買うメリットは何一つない!それより家庭教師の時給上げたり授業を増やすべし!

私はこれらの市販の教材を生徒に購入させる前に、初回の授業や体験授業の際に必ず見みてもらいます。

きまって高額教材を購入してしまった生徒や親御さんは全員が、

何これ!?中身があんまり変わらない。というより市販の方が問題量も多くて解説も詳しいしカラフルで分かり易い

というような事を言います。

そりゃそうです。教材販売会社の教材も原価はべらぼうに高いわけではありません。

そもそも高い教材はあまり売れるものではないので、営業マンや電話勧誘するバイトの学生に高い給料を払ってあの手この手で販売させているので自ずと教材費も高くなるという仕組みです。

まぁ何にせよ、高額教材を買うメリットは一つもないということです。

そんな質が伴わないような教材に何十万も払うくらいなら良い家庭教師にたくさん授業してもらった方が成果は何十倍、何百倍も出ます!

時給を上げてあげるとさらに一生懸命教えてくれるかもしれませんよ?!

家庭教師への待遇が悪くないこと

個人的にはこれが良い家庭教師派遣業者を見極める“肝”だと思っているのですが、家庭教師を大切にしない業者は親御さんや生徒も大切にしません。

大事な事なので2回言います。

家庭教師を大切にしない業者は親御さんや生徒も大切にしません。

いくら話が上手くても、対応が丁寧でも所詮は自分の利益のことだけしか考えていない証拠です。

人件費を安く抑えれば抑えるほど質の悪い家庭教師(指導中マンガを読むとか、頻繁にドタキャンするとか)が集まってきます。そして良い家庭教師はどんどん辞めていき、待遇が良い派遣業者へと移っていきます。

これはどの業界でも同じです。

例えばお給料の安い飲食店に行くとサービスが悪かったり料理がまずかったり不衛生だったりしますよね。

逆にお給料が高い飲食店だと、こちらが気付かない点まで気を配ってくれたり、料理も最高で店内もとても綺麗です。

怠け者は「そんなめんどくさい事してまで働きたくない」とお給料の安い飲食店に集まり、頑張り屋さんで優秀な人は「やりがいもあるし、自分のスキルも伸ばせる!それにきちんと評価もしてくれる!」とお給料が高い飲食店に集まります。

家庭教師派遣もこれと同じです。

家庭教師を大切にしているかどうかを単純に判断するのは難しいですが、私の経験ではだいたい時給2,000円がボーダーラインだと感じています。最低でも田舎で1,800円がギリギリです。

時給2,000円未満だと、家庭教師には資料や報告書を作成する時間、移動時間など給料が発生しない時間があるので、時給換算すると最低賃金を下回る人も結構多いんです。

「そこまでして家庭教師を続ける意味が本当にあるのか?」、「どうせ一生懸命やるならきちんと評価してくれるところで働きたい!」そう思うのが人間です。

学費や生活費を家庭教師のお給料でまかなっている人も多く、そういった人たちはお給料が安すぎると続けたくても続けられないんです。

これでは良い家庭教師がどんどん辞めてしまいます。そうなれば、家庭教師を利用する生徒の学力にも悪い影響を及ぼします。

そうならないためにも、家庭教師を大切にする派遣業者を選ぶべきです。

その一つの判断材料が時給2,000円以上というわけです。

※資料や報告書作成が義務付けられていなかったり、交通費のかからないインターネット家庭教師(オンライン家庭教師)の場合は2,000円を下回る可能性はあります。大事なのは家庭教師自身が苦しくならないことです。

あとこれは当たり前の話ですが、お給料の遅延や未払いのある派遣業者は完全にアウトです。全国的に超有名どころでもそういった行為があるようなので、くれぐれも注意しましょう。

以上の4項目に注意しながら探せば、自分にたちに合った良い家庭教師派遣業者が見つかると思います。

実際に家庭教師を探すには?

実際に自分に合った家庭教師を探すには、これはもう実際に授業を体験するしか方法はありません。

料金的な事や教材販売の有無、カリキュラム作成やアドバイザーの有無などのバックアップ体制は資料で確認できますが、家庭教師との相性は実際の授業以外で判断することは不可能です。

でも一つ一つ家庭教師業者を探して、資料請求して、体験授業に申込んでというのはかなり面倒です。

例えばタウンライフなら家庭教師派遣業者を一括で比較して、一括で体験授業の予約ができます

ある程度気になった業者一つ一つに体験授業を申し込まなくても一括で体験授業の予約が可能なのは楽です。

できるだけ料金を安く抑えたいなら個人契約もおすすめ

個人契約は料金が安いというメリットもありますが、間に家庭教師とご家庭側でトラブルが起こった場合が厄介です。一度体験するとわかりますが、これは結構なデメリットです。

家庭教師とご家庭のトラブルは業者を通しても起こるのですが、間に業者が入ることでそれ以上問題が大きくなる前に対応してくれます。(例えば、家庭教師を変更するなどの対応)

しかし個人契約は派遣業者が間にいないので、解決どころか問題が悪化することも少ないです。こういったデメリットを理解した上でなら、個人契約は料金の安さという大きなメリットが受けられます。

しかしトラブルはなるべく避けたいし円滑に解決したい、それに契約前に家庭教師の能力も把握したいと思いませんか?

そこで面白いのがスマートレーダーという家庭教師の個人契約専門の業者です。

しかも従来の個人契約サイトのように、大学名や学部、特異な教科など当たり障りのない情報ではなく、家庭教師の自己申告や授業のレポートをAIで分析して、家庭教師の指導力をグラフで分かりやすいように“見える化”しています。

しかも家庭教師は全て東大、京大、東工大、一橋など超難関大学の現役大学生に絞っていることのも魅力的です。

他にもTOEIC900点台、TOEFL100点台、英検1級、漢検1級、主席入学、留学経験者、脳科学・生物・日本地学・国際地理などオリンピック上位入賞など高学歴だけでなく、各分野のスペシャリストも在籍しています。

個人契約ならそこらへんの掲示板をみるよりも、スマートレーダーの方がおすすめです。

中学受験専門のプロ集団、中学受験家庭教師ドクター

地域が 東京・神奈川・千葉・埼玉と限定されますが、難関中学受験なら中学受験ドクターを強くお勧めします。

開成中、麻布中、桜蔭中、女子学院中、駒場東邦中、武蔵中、慶応中等部、早稲田中、早実中、聖光学院中、東海中など名だたる難関中学で多くの合格者を輩出しています。

その指導法やカリキュラムなどはここでは 長くなるので詳細はこちらをご覧下さい。

インターネット家庭教師なら全国どこからでも自分に合った先生の授業が受けられる

インターネット家庭教師のメリット

近年、インターネット家庭教師(オンライン家庭教師)が急速に普及しています。

インターネット家庭教師の最大のメリットは、インターネットで授業をするので、ネット環境があれば全国どこからでも自分に合った家庭教師の授業が受けられる点です。

例えば北海道の田舎にいても、現役東大生の授業が受けられたりします。

他にも自宅に教師をよばなくても良いので、お茶やお菓子を出したり、事前に掃除したり、出迎えやお見送りの必要がないのもメリットです。

私も毎回お茶やお菓子は断るようにしてるのですが、ほぼ100%の確率で用意されています。(その分時給に回してくれると助かるなー。なんて思っちゃったりします。(笑))

そして、親御さんが自宅にいなくてもいいのも大きなメリットです!家庭教師とはいえ、他人を親のいない家に上げるのは気が引けるというご家庭も多いです。

それに女の子の場合に男性教師が担当だったら心配ですよね。でもその男性教師は指導力も高く、実績もあって、生徒本人との相性も良いとなると教師の変更はしたくないし、どうしたらいいもんか・・・。

インターネット家庭教師ならその点も安心です。教師が直接家に来るわけではないので、異性の家庭教師でも安心して選ぶことができます。

一般的な対策におすすめのインターネット家庭教師

インターネット家庭教師ネッティーは東大・早稲田・慶応など難関大学の教師が多数在籍しており、しかもネットの授業なので難関大学の教師の授業を安い料金で受けられます。

教師の数は全部で7万人なので、自分と相性が合って能力も高い教師が必ず見つかります。

月々支払う料金は指導料のみです。入会金・諸経費・教材費は一切かからないのも安心です。

他にもオンラインの授業なのでパソコン以外にも必要な物がwebカメラ、ヘッドセット、ペンタブレットなのですが、ネッティーでは無料でレンタルしています。

インターネット家庭教師ネッティーの無料レンタルセット

大まかな授業の流れは、オンライン上にあるホワイトボードに教師と生徒それぞれが書き込んで進めていくスタイルです。こんな感じです。

インターネット家庭教師ネッティーの授業風景
インターネット家庭教師ネッティーの授業風景

ネッティーでは小学生、中学受験、中学生、高校生、不登校サポートなど色々なコースがあるので気になる方はまずは自分の希望のコースを確認して、相性の合う先生がいるか体験授業を受けてみて下さい。

難関大学受験ならZ会leadway(リードウェイ)がおすすめ

難関大学の受験ならZ会leadway(リードウェイ)をおすすめします。

その名の通りZ会が運営するインターネット家庭教師(厳密には1対1の個別指導)です。

Z会といえば東大・京大で2,000人もの合格者を輩出する超有名教育機関です。

そのZ会の添削指導に加えて、オンライン上で個別指導を行ってくれるのが Z会leadway(リードウェイ) です。

点数が伸び悩んでる人は必見です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました