代々木進学会の中学受験における良い点とは?【元家庭教師談】

中学受験をしようと考えたとき、多くの人は次に「じゃあ、どの塾や家庭教師がいいの?」と考えるのではないでしょうか。

塾や家庭教師選びは慎重に考えなければなりませんが、それだけに情報を集めすぎると「自分の子に合ったところが一番?」「大手の方がいいのかしら?」と迷ってしまいますよね。

この記事では中学受験を目指し、塾や家庭教師をお考えのあなたに向けて、代々木進学会のご紹介をします。

良い点と悪い点を元・家庭教師ならではの目線でご紹介し、どんな受験生に向いているのかをお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

代々木進学会は中学受験から始まった家庭教師!

代々木進学会は、東京を中心とした首都圏エリアに家庭教師を派遣してくれるサービスです。

家庭教師業にて30年以上の経験と、2万人以上の合格実績があります。

今は高校受験生、大学受験生も受け入れていますが、元々代々木進学会は中学受験専門でした。

ですから、今でも最も得意としているのが中学受験。

なんと会員のうち約3割が代々木進学会のみで中学受験をしています。

「家庭教師だけで中学受験して大丈夫なの?」

と思ってしまいますが、今までに蓄積したデータがあり、中学受験塾の大手、四谷大塚とも提携しているのでその心配はありません。

実際に、公式サイトには志望校別対策法や勉強法に関してのデータを多く公開しています。

誰でも無料で見られるので、中学受験を目指すなら一度見ておくといいかもしれません。

代々木進学会の料金について

代々木進学会の中学受験指導の料金は以下の通りです。(税別)

●入会金:30,000円

●学生講師
1回 90分 月4回指導 26,400円~
1回 120分 月4回指導 35,200円~

●プロ講師(セミプロ~)
1回 90分 月4回指導 39,000円~
1回 120分 月4回指導 52,000円~

1時間に直すと以下になります。

●学生講師4,400円~
●プロ講師6,500円~

管理費・講師選抜費・高額教材の販売は一切ありません。

中学受験の料金相場と比較

授業料学生・社会人家庭教師プロ家庭教師
自宅訪問型3,600~4,300円5,100~7,400円
オンライン型3,900~4,400円5,300~7,900円
代々木進学会4,400円~6,500円~

学生もプロも相場程度ですが、学生講師は相場の中でも上の方で、プロ講師は中間くらいです。しかしこのプロ講師の料金は、セミプロからの料金なので若干高いという印象を受けます。

ただし、安いければ安いほど家庭教師もそれなりの人材が集まるのでその点も注意が必要です。

料金が安いか高いかだけにこだわるのではなく、大切なのは料金に見合ったレベルの家庭教師なのか、サポートがあるのか、実績を出しているのかといった点です。

それらをご自身でしっかり確認して、納得できれば契約する、といった流れが重要です。

良い点

代々木進学会について、塾別対策のノウハウがあること、第一志望にこだわること等々、ご紹介したい特徴はたくさんあります。

この章では、中でも特に私が良いと思った点2つについてご紹介します。

他の塾や家庭教師と比べるときにも、このポイントに注目してみるといいですよ。

流行の管理型を採り入れている

1つ目の良い点は、家庭教師にしては珍しく「管理型」を売りにしていることです。

管理型とは、塾がその子の目標や能力などに合わせて、細かく1日の勉強量やスケジュールを指示することで、最も効率的に勉強できるようにする方法です。

「どう勉強したらいいのか分からない」「志望校までちょっと厳しいけど、何が何でも合格したい」という人に人気です。

代々木進学会では「3つの管理」として、時間・問題・やる気の管理を挙げています。

個別指導塾などで管理型は最近流行り始めた手法なのですが、家庭教師でこの「管理」の重要さに注目しているところは珍しいでしょう。

しかし、塾よりも家庭教師のほうが、生徒の学習環境を直に見られますし、親とも常にコミュニケーションが取れる、といった点で管理には向いています。

常に家庭教師と親が協力して勉強スケジュールの管理ができる、というのは他の生徒に比べて大きなアドバンテージとなるでしょう。

小学生向きに、ただスケジュールや問題だけでなく「やる気」も管理対象としており、コーチング的な側面もあるのが嬉しいですね。

プロの定義がしっかりとしている

2つ目の良い点は、「プロ講師」の定義が明確である点です。

「え?」と思われるかもしれませんが……実は、家庭教師や塾界隈の「プロ」って、結構いい加減に称されていることが多いのです。

それまで大学受験を担当していた人がいきなり中学受験担当になってもプロですし、社会人だったら経験ゼロでも全員プロ呼びしていたりすることは珍しくありません。

酷いところになると、老け顔の学生や院生に「ご家庭には『社会人のプロ講師』って紹介しちゃったから話を合わせておいて!」ということも。

しかし、代々木進学会のホームページを見てみると、最低でも「ブランクなし5年以上」「関東圏での有名中学5~6校以上の合格実績」がプロ講師を名乗るために必要と記載されています。

学生に比べて割高ですが、きちんと実績のある人がやってきてくれるというのであれば、納得してプロ講師を頼むことができますね。

悪い点

では、代々木進学会がいい点ばかりの家庭教師サービスなのかというと…残念ながら、そして当然ながらそんなことはありません。

悪い点、とまで言ってしまうとちょっと言い過ぎですが、私が見ていまいちかな、と感じた点も挙げますね。

先生の指導法が一定でない可能性がある

代々木進学会では、先生のテスト会などは開催されているようですが、例えば最初の授業の前に何十時間の研修が義務付けられていたりということはないようです。

もちろん最初にテストや面接などはされているので、学力や人柄については問題ないでしょう。

ですが、定期的に指導法のチェックがあるわけではないので、プロの方はともかく、学生バイトだと人によって指導法がまちまちの可能性があります。

しかし、実はこれはどの家庭教師センターでもほぼ同じなんです。

そして、学生でも、しっかりと情報を集めて一緒に受験を戦ってくれる素晴らしい家庭教師はたくさんいます。

いろいろな先生がいるからこそ、生徒の様々な要望にも対応できるという側面もあります。

ですから、どんな先生に来てほしいか、最初に自分の希望をしっかりと伝えることが重要です。

来てほしい先生像を明確にすることで、自分に合った先生とよりマッチングしやすくなるので、遠慮は禁物ですよ。

料金が少々お高め

相場に比べて、代々木進学会は若干料金が高めです。

「若干なら全然いいじゃない」と入会前は思いがちですが、受験期になると指導教科数や指導時間が増えることに注意が必要です。

ちりも積もれば山となるので、月謝にするとそれなりの負担になるかもしれません。

なので自分でできることは極力自分でやる、得意教科はプロ講師ではなく学生講師に頼む、などの工夫が必要かもしれません。

もちろん、もっと安い家庭教師に頼むのも手ですが、「料金が安い=講師の時給も安い」ということになるので、料金が安いところにはそれなりの先生しかいないことがほとんどです。

また、良い家庭教師は、子供が自分でできることを増やし、モチベーションを上げてくれるので、むやみやたらに授業数を増やすことはありません。

必要な分だけ効率よく授業をしてくれるので、個別指導塾で講習をたくさん取ったりするより安上がりになることもあります。

代々木進学会はどんな中学受験生に向いてる家庭教師なのか?

ここまで代々木進学会がどんな家庭教師サービスなのか、中学受験において良い点・悪い点についてご紹介してきました。

代々木進学会は、30年の歴史がある中学受験に強い家庭教師サービスです。

豊富なデータを持っているので、家庭教師だけでの受験もできます。

〈良い点〉

  • 流行の管理型を採り入れている
  • プロの定義がしっかりとしている

〈悪い点〉

  • 先生の指導法が一定でない可能性がある
  • 月謝が少々お高め

代々木進学会は、目標に対して綿密な管理をしてほしい人、「本当のプロ」から習いたいご家庭に向いた家庭教師サービスと言えるでしょう。

逆に、先生が合わないと思っても言い出せない人は、高額にはなってしまいますが先生の質が一定な家庭教師サービスを利用したほうがいいですね。

できるだけ安価に家庭教師に習いたい人にもおすすめできません。

志望校合格の鍵は、どんな先生や塾で学ぶかにかかっているといっても過言ではありません。

自分に合った塾・家庭教師で、志望校合格を勝ち取りましょう!

この記事を書いた人

指導歴6年の元家庭教師。運動も大好きでスポーツの家庭教師も4年ほど経験。趣味はマラソン、筋トレ、バスケ、サッカー、フットサル、散歩、読書、調べ物など。高校受験時に家庭教師を利用した際に高額教材販売にひっかかり中高6年間分180万円を支払う。しかも教材は使用済みというオチ。当時は受験間近で精神的余裕がなく泣寝入りしたという辛い過去を持つ。他の子供達やご家庭にはそんな辛い経験をさせたくない、経験者目線で賢い家庭教師の選び方を広めようとの思いで、この「賢者の選択」を立ち上げる。

管理人をフォローする
中学受験
管理人をフォローする
賢者の選択

コメント

タイトルとURLをコピーしました