オンライン家庭教師のリアルな料金相場(80社以上調査)

オンライン家庭教師の料金相場

 オンライン家庭教師学生・社会人家庭教師プロ家庭教師
小学生2,900~3,600円5,700~8,200円
中学受験生4,000~4,400円5,200~7,900円
中学生3,200~4,300円5,800~8,800円
高校生3,800~4,900円6,200~9,600円

オンライン家庭教師業者のリアルな料金相場です。比較しやすいように料金は60分で算出しています。

この数値は想像や感覚の数値ではありません。オンライン家庭教師専門とオンライン授業に対応している派遣センター合わせて38社の料金から算出しているのでリアルな料金相場です。

調査した会社はもっと多い(80社以上調査した)のですが、料金非公開、複雑過ぎたり特殊過ぎる料金設定、授業料に教材費込み、高額教材販売などの会社は除外しました。

料金相場の活用方法

料金相場の活用方法は、上記の料金の範囲なら適正料金として参考にできます。少なくとも適正料金に近い数値であるはずです。

この相場よりも安すぎても高すぎても何らかのデメリット(損)を被る可能性が高まると考えられます。

授業以外のサポート内容にもよりますが、家庭教師は安すぎると質の低い先生に当たりやすくなったり、高額教材を売りつけられたりします(だから相場からも除外)。

逆に料金が高すぎても価格に見合わない成果しか出なかったり、最悪ご家庭の足元を見たぼったくり料金の可能性が高まります。

なのでオンライン家庭教師を選ぶ際は、この相場を参考にしながらこれに近い金額のセンターを選ぶことをおすすめします。

続いて、自宅訪問型の家庭教師の相場も調べたので比較してみましょう。

自宅訪問型の家庭教師センターの料金相場と比較

こちらは全国の家庭教師派遣センター(自宅訪問型)の料金相場です。

こちらも算出方法はオンライン家庭教師の相場と同じです。

 自宅訪問型家庭教師学生・社会人家庭教師プロ家庭教師
小学生2,500~3,200円4,600~6,500円
中学受験生3,600~4,300円5,000~7,400円
中学生2,800~3,700円4,800~6,800円
高校生3,200~4,100円5,000~7,400円

学年ごとに比較してみましょう。

小学生

小学生学生・社会人家庭教師プロ家庭教師
オンライン2,900~3,600円5,700~8,200円
自宅訪問型2,500~3,200円4,600~6,500円

中学受験生

中学受験生学生・社会人家庭教師プロ家庭教師
オンライン4,000~4,400円5,200~7,900円
自宅訪問型3,600~4,300円5,000~7,400円

中学生

中学生学生・社会人家庭教師プロ家庭教師
オンライン3,200~4,300円5,800~8,800円
自宅訪問型2,800~3,700円4,800~6,800円

高校生

高校生学生・社会人家庭教師プロ家庭教師
オンライン3,800~4,900円6,200~9,600円
自宅訪問型3,200~4,100円5,000~7,400円

オンライン家庭教師のメリット

オンライン家庭教師のメリットは多いですが、主なメリットは次の3つです。

  1. 場所を選ばない。北海道から沖縄、海外でもOK!
  2. 相性の合う家庭教師を見つけやすい
  3. 交通費がゼロ

場所を選ばない

オンライン家庭教師のメリットはやはり場所を選ばない事です。インターネットが繋がっている環境であれば、北は北海道から南は沖縄まで対象エリアです。

中には海外のお子さんにも指導している業者もあります。将来的に日本の学校に通うため(帰国子女)の指導があげられます。

場所を選ばないということはつまり東大生や京大生、慶応、早稲田といった国内でもトップクラスの大学生家庭教師はもちろん、難関受験に強い都心部の一流プロ家庭教師も紹介してもらえます。

コロナの影響でオンライン授業が世界中で導入されはじめていますが、日本も例外ではありません。日本も都心部と地方の教育格差が無くなるのも時間の問題です。

相性の合う家庭教師を紹介してもらいやすい

突然ですが、家庭教師で最も重要なのは何だと思いますか?

家庭教師の学歴?それとも受験の合格実績?はたまた指導能力?

残念ながらどれも違います。

最も重要なのは生徒との相性です。

もちろん実績や指導能力は重要な要素ですが、そのどちらを持ち合わせた家庭教師でも、生徒との相性が合わなければ生徒の耳にその家庭教師の話は入ってきません。

なのでどの家庭教師センターも「生徒と相性の合う家庭教師を選抜する」とうたっているんです。

ちなみに学歴はそこまで重要ではありません。高学歴と指導能力は「=(イコール)」ではないので。

本題ですが、最近はオンライン家庭教師も世間的には知られるようになってきましたが、従来の家庭教師は自宅に派遣する形でした。

そのため、生徒と相性の合う家庭教師を紹介したくても、その家庭教師を派遣するには遠すぎるというケースは多々あります。

そういった場合は仕方なくご家庭から近い範囲の家庭教師の中から相性の合う先生を探すわけですが、それだと選択肢がかなり狭まります。

オンライン家庭教師は派遣エリアは関係ないので、在籍している家庭教師の中から選べるわけなので全然規模が違います。

これはオンライン家庭教師の大きなメリットです。

ちなみに家庭教師は学生アルバイトや社会人が多く、その報酬は完全歩合制(授業した分だけお給料がもらえる)がほとんどです。

つまり件数をある程度こなさないとお給料は安くなってしまうわけです。なので派遣型の家庭教師は効率良くご家庭を回りたいため、遠方は極力避けます。

そうなると、いくら相性が合いそうだからといって1回1~2時間のために移動で往復数時間なんて時間はかけられません。

私は片道2時間前後かかるご家庭に通った経験がありますが、もう本当に苦しかったです。移動中はお給料が発生するわけではないので、精神的にも肉体的にも苦しかったです。センターからどうしてもとお願いされてたご家庭でしたが、かなり辛かったです。

交通費がゼロ

家庭教師は安いものではないので、少しでも安く抑えたいのはどのご家庭も同じです。

交通費も1回往復で500円かかれば、週1回(月4回)で来てもらうだけで合計2,000円です。週2回(月8回)なら4,000円です。

毎月の交通費だけで1~2回分の授業料くらいになるご家庭も多いです。

しかしオンライン家庭教師なら交通費は無料なので、その心配は要りません。

ただしオンライン授業に必要な機材のレンタル費がかかる業者もあるので、そういった業者の場合はお得感が無いかもしれません。

他にもメリットはあるので、気になる方はこちらを御覧ください。

オンライン家庭教師のデメリット

デメリットはそこまで多くないです。

  1. 信頼関係が強くなりにくい
  2. 生徒の理解度が分かりにくい
  3. 回線が不安定

信頼関係が強くなりにくい

オンライン家庭教師は直接会って授業するわけではないので、信頼関係を強くするのは実際に会って指導するスタイルと比べると劣ります。

しかし信頼関係が築けないわけではないので、そこまで深く心配する必要はありません。

比較すると劣る程度に捉えてください。

生徒の理解度が分かりにくい

家庭教師は生徒の表情やえんぴつの動き、姿勢、呼吸(ため息や深呼吸など)といった様々な情報を感じ取りながら生徒の理解度や今の状況を把握します。

オンライン授業だと画面を通した情報しか得られないので、そういった細かな情報が掴みづらくなります。

生徒の今の理解度や状況が把握できないと、どう指導よいか迷いが生じてしまいます。

しかし細かく質問して対応すればこのデメリットは最小限に抑えることはできます。

回線が不安定

まだ現状ではオンライン授業はフリーズ(映像がかたまる)したり、音声が聞こえづらくなったりすることがあります。

LINEやフェイスブックを使ったテレビ電話でそういった経験はありませんか?あんな感じです。

しかも家庭教師センターの中にはコロナで緊急でオンライン授業に対応しているセンターも多く、中にはそれこそLINEやフェイスブックのテレビ電話で授業しているセンターもあります。

なのでオンライン家庭教師はきちんとオンライン授業や会議専用のシステムを導入しているセンターを選ぶことをおすすめします。

最後に、そのオンライン授業専用のシステムを使っているおすすめのオンライン家庭教師センターを紹介します。

おすすめオンライン家庭教師

オンライン家庭教師といっても各社それぞれ特徴があります。その特徴ごとに紹介していきます。

ネッティー

オンライン家庭教師ネッティーは

  • オンライン家庭教師としての長年の実績がある
  • 料金が適正価格
  • 高学歴(東大・慶応・早稲田など)の家庭教師が多い
  • 3万の豊富な人材の中から選べる
  • 機材の無料レンタルもある(一部かもしれないので要問合)
  • 設定方法も丁寧に教えてくれる

といった多くの特徴があります。

ネッティーはコロナでオンライン授業に注目が集まるずっと前からオンライン家庭教師サービスを提供してきた会社です。単なる映像だけでやり取りする授業でなく、オンライン授業専用のシステムでの指導が受けられます。

必要な機材の無料レンタルや設定方法の分かりやすい案内なども行っているので、パソコンやインターネットが苦手な方でも安心してすぐに始められます。

ネッティーは総合点の高いおすすめのオンライン家庭教師センターです。

イーライブ(e-Live)

イーライブ(e-Live)は

  • 家庭教師の質が高い(イーライブの元生徒を家庭教師として採用)
  • 東大・京大・医学部生も多い
  • システムのセキュリティやパフォーマンスが高い
  • 授業が録画できる
  • オンライン自習室で強制的にモチベーションを高められる

といった特徴があります。

イーライブの大きな特徴として家庭教師の質の高さと、それを生かしたマッチング力にあります。

イーライブの講師は元々イーライブの生徒が大学に進学し、今度はイーライブで家庭教師として指導しているため、家庭教師それぞれの性格や能力といった特徴を把握しています。

要はどういった人間かある程度分かった上で採用しているわけです。ある程度信用できる人材というわけです。

これにより新たな生徒とのマッチングもしやすいというメリットもあります。

一般的な家庭教師の採用は求人広告を出したりするのが主流のため、どうしても責任感のない人間や指導能力の無い人間も採用されてしまいます。一般の会社でも面接や採用試験だけではその人のことを見抜けない事は多々ありますよね。家庭教師の業界も全く同じことです。

そういったリスクが比較的避けられるのがイーライブの最大の特徴です。

他にも授業の録画機能やオンライン自習室といったとても役に立つサービスも魅力です。

学研の家庭教師

学研の家庭教師は

  • 一部上場企業(社会の監視の目がある)
  • 長年培ってきた実績と信頼
  • 教育事業で蓄積された膨大なノウハウと情報

といった特徴があります。

学研といえば知らない人はいないほど、超有名な大企業です。その学研が運営する家庭教師センターです。自宅派遣型とオンライン家庭教師の両方に対応しています。

家庭教師といえば分けのわからない高い料金や高額教材販売といった料金に関するトラブルが多く、それを心配しているご家庭も多いです。

学研は東証一部上場の巨大企業であり世間からの監視の目もあるので、そういったトラブルは極力避けたいです。

また、長い年月をかけて得てきた信頼と実績があります。そして学研は既に書店で安価で高品質の教材を数え切れないほど販売してきた会社でもあります。

そういった実績や安心感や信頼度などを重視する方におすすめです。

家庭教師ドクター(中学受験専門)

家庭教師ドクターは

  • 中学受験専門
  • 中学受験の本物のプロ家庭教師(SAPIXや日能研や四谷大塚の元トップ講師)
  • 合格実績が豊富
  • 料金が適正価格

といった特徴があります。

家庭教師ドクターは都内で有名な中学受験専門のプロ家庭教師センターです。個別指導塾ドクターと合わせて「中学受験ドクター」として運営しています。

中学受験のプロ家庭教師といっても自称の名ばかりプロではありません。SAPIXや日能研、四谷大塚といった国内有数の中学受験専門塾でトップ講師を務めていた由緒正しき経歴を持つ本物のプロ家庭教師の集団です。

合格実績も開成、桜蔭、灘、麻布、駒場東邦、筑波大学附属駒場、武蔵、女子学院、雙葉といった難関中学校をはじめ多数の実績を毎年出しています。これは本物であるからこその実績です。

また経営方針として中学受験の合格に全力投球で、儲け第一主義ではない事がうかがえます。

本当なの?

と疑いたくなりますが、実際に料金は明瞭会計でかつ適正価格の大切さをホームページでもうたっています。他社がひた隠しにする家庭教師の闇の部分も公開しています。

偏差値UPの勉強法や中学校別の受験対策といった中学受験の情報も大量に掲載しています。

中学受験を検討しているならかなりおすすめの家庭教師センターです。

スタディコーチ(東大生専門の家庭教師)

スタディコーチは

  • 家庭教師は現役東大生のみ
  • 東大理科Ⅲ類(医学部生)も在籍
  • 難関中学受験、難関大学受験、医学部受験に特化(高校受験は対応不可)
  • 東大生流の完全オーダーメイドカリキュラム作成
  • 料金が比較的安い

スタディコーチは現役の東大生しか在籍していない東大生専門のオンライン家庭教師です。現役の東京大学理科Ⅲ類の医学部生の指導も受けられます。オンラインなので地域関係なく東大生家庭教師の授業が受けられます。

家庭教師の中でも最もブランド力があるといってもいいのが東大生家庭教師です。その東大生の中から生徒と相性の合う家庭教師を選ぶことができます。

「東大生=優秀な家庭教師」ではありませんが、学力は高いに越したことはありません。その中から指導力があり、相性の合う家庭教師を選べば言うこと無しです。

指導対象は中学受験を目指す小学生と、大学受験を目指す中高生・卒業生です。医学部受験を目指すコースもあります。ただし高校受験には対応していないので注意して下さい。

国内最高峰の大学に合格した勉強ノウハウを基に完全オーダーメイドのカリキュラムを作成し、難関中学受験・難関大学受験の合格に向けた指導が受けられます。

料金も東大生家庭教師は高く設定されていますが、その中でもスタディコーチは比較的安い設定になっています。

現役の東大生の家庭教師をお探しのご家庭におすすめです。

まとめ

今回はオンライン家庭教師の料金相場からメリット・デメリット、おすすめのオンライン家庭教師についてお話してきました。

この料金相場は想像や感覚ではなく、実際に調べた数値です。この範囲であれば適正価格といってもいいかもしれません。少なくともそれに近い数値ではあるはずです。

ぜひ参考にして下さい。

そして勘違いしてほしくないのは、オンライン家庭教師に限らず家庭教師で大切なのは料金の安さではありません。

最も大切なことは受験合格だったり、成績UPだったり、学力UPといった目標の達成です。それを叶えるためには、お子さんと家庭教師との相性が不可欠です。もちろん指導能力の高さも重要ですが、相性が最も重要です。

なので料金相場を参考にしながら、ご家庭で無理なく支払える範囲内のセンターを選んで下さい。

この記事を書いた人

指導歴6年の元家庭教師。運動も大好きでスポーツの家庭教師も4年ほど経験。趣味はマラソン、筋トレ、バスケ、サッカー、フットサル、散歩、読書、調べ物など。高校受験時に家庭教師を利用した際に高額教材販売にひっかかり中高6年間分180万円を支払う。しかも教材は使用済みというオチ。当時は受験間近で精神的余裕がなく泣寝入りしたという辛い過去を持つ。他の子供達やご家庭にはそんな辛い経験をさせたくない、経験者目線で賢い家庭教師の選び方を広めようとの思いで、この「賢者の選択」を立ち上げる。

管理人をフォローする
オンライン家庭教師を探す
管理人をフォローする
賢者の選択

コメント

タイトルとURLをコピーしました