高校生向け家庭教師の料金相場

高校生向け家庭教師の料金相場

高校生は大学受験まであっという間なので塾と併用で家庭教師を依頼したり、1~2年生のうちから家庭教師一本で受験に備えている生徒も多いです。

しかし、ここで誰もが気になるのが家庭教師の料金ではないでしょうか?

家庭教師の料金は派遣会社によって結構差があるので料金の相場を知りたいという人も多いのでは?

 普通の家庭教師プロ家庭教師
小学生2,800~4,000円4,600~7,800円
中学生(高校受験含む)3,000~4,300円4,800~8,000円
高校生(大学受験含む)3,500~4,500円5,300~8,500円
中学受験生3,800~4,500円5,300~8,000円
医学部・歯学部・薬学部系受験生 7,000~10,500円

調査方法などの詳しい情報は下に書いておきましたので、そちらを読むとより参考になると思います。

調査方法について

調査方法は至ってシンプルです。100社以上の家庭教師派遣業者の料金を調べるというものです。さらに私の家庭教師経験で培った感覚も考慮に入れています。

シンプルな方法ですが、個人的な感覚だけではなく実際に調べたので結構当たっていると思います。少なくともYahoo!の知恵袋などで書かれている相場よりは信憑性は高いと思います。

(いや、そうであってほしい!(><; そうでないと私の一週間の努力が・・・
これって調査するのに時間と手間がかかるんですよね・・・)

調査するに当たって注意した点は、

  • 1時間当たりの料金で算出する
  • 入会金や交通費などは含めず純粋に授業料のみで算出する
  • 高額教材販売をメインにしている派遣業者は含めない
  • 料金がホームページに掲載されていない業者は含めない
  • 安価でも教材販売を強制している派遣業者は含めない
  • 管理費がある業者は毎月、定額かつ低額の業者しか含めない
  • その他、私が怪し過ぎると感じた業者は含めない
  • 相場よりも極端に安すぎる派遣業者は含めないこと
    (理由:家庭教師の時給を差し引くと赤字になるとしか思えないため、他に何らかの名目で料金を支払わせる可能性を否定できなかったから。)

以上です。

普通の家庭教師の定義

普通の家庭教師の定義は主に学生です。一部の派遣業者は学生家庭教師と社会人家庭教師を一つのくくりとして同じ料金に設定しているところもありました。

逆に学生でも経験値が高かったり、一流の大学(東大とか)の学生だと料金は多少高くなるところもあります。

プロ家庭教師の定義

プロ家庭教師の定義はそのままです。プロ家庭教師の定義は派遣業者がプロとして認めていることが前提です。

プロ家庭教師にも実力の差が結構あるので料金も学生家庭教師にちょっと毛が生えた程度の料金のプロもいれば、中学受験や一流の高校・大学の受験、ハイレベルな内容を指導するプロは、プロ家庭教師の中でも高額になっています。

これらを細かく分けてしまうとせっかくの相場が複雑になってしまうので敢えて分けていません。なので、プロ家庭教師の料金の相場にも多少差があります。

高校生向けプロ家庭教師の料金相場に関してはこちらのページに掲載しています。

また、「普通の家庭教師」にしろ「プロ家庭教師」しろ、家庭教師の料金は地域によっても異なります。傾向としては都会に行けば行くほど高くなります。なので、料金の相場とはいっても多少差があります。

以上を踏まえた上で見て頂くとより参考になると思います。家庭教師の料金の相場を知りたい人はぜひ参考にしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました